HOME > ブログ > その他 > チタンボルト
チタンボルト
2013年11月8日

一般的にチタン=軽いというイメージがあると思います。
軽さは勿論、錆びないなど他にも沢山のメリットがあります。

チタンボルトと言えばお馴染みの

日本特殊螺旋工業株式会社
ベータチタニウム
.b-titanium

今回は 『強度』 という視点でニンジャ号を使ってのインプレです。

まずはノーマルの状態で試乗
普通にスラロームをしたりしても何も不具合は感じません。
いわゆる 「普通」 です。

次にチタンボルトへ交換して試乗
使用したボルトはフロントアクスルのピンチボルト4本
ピンチボルト 1
ピンチボルト 2

最初のカーブで 「おっ?」 続けて 「おおっ!」
スラロームで 『うおぉぉ~!!!!!』

正直ビビりました!!
これほど変わるとは・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レースでは その優位性、ポテンシャルの高さから当然のように色んな箇所に使わせてもらっていました。

日本特殊螺旋工業株式会社(ベータチタニウム)製のボルトでは一度もトラブルが起きたことはありません!!

本当に信頼性の高い製品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何が変わったかというと

『しっかり感』、『切り返しの軽さ』 です。
気の利いたフレーズが出ませんが、気持ちいいフィーリングに変わります。

もう一度ノーマルに戻して試乗

明らかに違います。

今までは感じなかった 粘る感じや重さを感じてしまいます。

軽さと、特に強度が上がることにより 「ねじれ」 が激減したことが、剛性感やレスポンスの向上に表れていると考えられます。

いやぁ~参りました m(__)m というぐらいの変化です。

法定速度内で この変化です。
サーキットではどうなるでしょう???

一般道より高負荷がかかる走りでこの変化があれば・・・

楽しくなりそうですね!!

Fフォーク4本のボルトでここまで変わりました。
トップブリッジ、アンダーブラケット、アクスルシャフトなど車体には 「ねじれる」 箇所が沢山です。
これらのボルトを交換することで ねじれ を無くし機械本来の動きを手に入れる事ができるでしょう。
軽さの恩恵も大きく受けるでしょう。

これは まぎれもなく 『体感できるチューニングパーツ』 と言えます。

ここまで読んで 試してみたい! という方はいらっしゃいますか?

はい、ご用意いたします!!

ピンチボルトのみですが、M8 長さ40~45ミリの車両であればボルトを交換してご試乗いただけます。

百聞は一見に如かず という素晴らしい日本語があります。

まさにそれです!!

ご連絡、ご来店お待ちしています。